Nakopon'sわーるど

広島のランチ情報、好きな映画、着物ビギーナーの和的な出会いなど日々感じたことなど楽しくご紹介します。
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 乳がん 子宮がん
CATEGORY ≫ 乳がん 子宮がん
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

乳がん検査はまずマンモなのか?

昨日、人間ドックに行ってまいりました。
朝9時半ごろから受付・・・12時過ぎに終わるので長丁場ですが、
身長、体重から血圧・視力・眼圧・聴覚。
血液・便・尿・肺、胃のレントゲン・他内臓のエコー・メタボ・心電図
子宮がん内診、乳がんは触診とマンモ~とけっこうな検診項目です。

子宮がんは、個人病院で定期的に見てもらっているのですが
乳がんは、こういう人間ドックの時しか行っていないので2年に1回になっています。
本当は、乳がん検診は毎年受診した方がいいんだけどね

ところでマンモって若い子も受けた方がいいんですか?
とレントゲン技師さんに尋ねてみました。 すると~

若い子は、乳腺がはっていて、レントゲンで乳腺は白く映るそうです。
なので、若い人の映像は白い細かい線がいっぱいでした。(サンプル写真見せてもらった)
その中にガンがあっても、ガンも白く写るので逆に見つけにくい場合もあるそうです。
なので、エコーをオススメします。ということでした。
マンモは40才以上の女性にオススメなのですね。

もちろん、20歳でマンモを受けたって、
40才以上だけど、マンモは痛いのでエコーでしっかり診てもらってるわ~
という人もいるでしょう。要は、定期的に診てもらうことが大切。

最近20才前後でも、子宮筋腫がみつかったり、乳がんが発見されたりするケースが
増えてきているそうです。
自分の病気も心配だけど、娘の検診も気にかけなくっちゃ~と思ったのでした


レディスクリニック「ラポール」の中原先生が嘆いておられます。
「以前何らかの原因で乳がん検査にひっかかり、
今回は大丈夫。何かあったら来なさいね~と言われている人が
何かあっているのに気づかす、再診したらがんになっていたという人が多い」
ということ。 やっぱり定期的な検診なんだろうな・・・

スポンサーサイト

女性クリニック「ラ・ポール」OPEN

乳がん専門の医療施設が三川町にOPENして話題になっています。
乳がんや子宮がん検査や診察は、女性にとって病気への不安と同じぐらい
見ていただく先生や病院の雰囲気が気になるもの。
こういう専門施設が増えることは、本当に心強いですよね!

先日6月9日に大手町にOPENした「女性クリニック ラ・ポール」もそのひとつ。
女性内科と婦人科全般を診療しています。

先生は、真野産婦人科医院長を10年勤められた後、
河野美代子産婦人科クリニックを経て、ラポールの医院長になられた中原恭子さん。
サバサバしているけどユーモアもあって、とにかくしっかり話を聞いてくださるので
とても信頼していいます。

女性クリニック ラポール

院内のインテリアもとってもオシャレ♪
ラポール ステンドグラス


西洋医学だけでなく、東洋医学も積極的に活用されています。
その人の体が熱を溜めやすいか、水分を蓄えるタイプか、気(感情)の流れなど
全ての要因を、↓↓のような診察で見られます。
・問診(症状を問う)
・聞診(喋り方、呼吸音、体臭など)
・望診(動作、舌、顔色など)
・切診(両手の脈の早さや強さ)

私は、以前この先生に舌をみてもらい、
「しんどくない?なんか調子悪くない?」と言われ、全く自覚症状もなかったので
「いいえ~元気ですよ。ちょい寝不足ですが」と答えた次の日の夕方から
熱を出して、久しぶりに寝込んだのでした・・・恐るべし舌診!

更年期に差し掛かった女性だけでなく、最近は若い女性も冷え性や生理不順や便秘など、
さまざまな症状で悩んでいると聞きます。
養命酒のCMではないけれど、いわゆる「未病」というやつですね。
いろいろな症状から、漢方薬を処方してもらえます。 

月、木は7時半まで診療。土曜日も午後診療されています。(水曜日、祝、日曜日休診)
働く女性限定の「ランチタイム検診」も設けているそうですよ。こちらは人数限定の予約制
ですから、まずはお問い合せください。
スタッフの女性もにこやかで、とても感じがよい医院です。

●女性クリニック ラ・ポール
広島市中区大手町5丁目3-1 2F TEL 082-241-60009  駐車場有

地図はこちら>>>

あ、中原先生のブログも良いですよ。こちらをクリック♪♪♪



乳がん 検診のお知らせハガキ(追記)

乳がんネタが続いています。

昨日のブログにいりこちゃんが、検診ハガキについてコメントくれていたので、
「おぉ!もうひとつリサーチ情報があった」と思い出し追記します。



広島市の場合、子宮がん・乳がん検診は、その年の4月1日時点の年齢が偶数歳の方が対象です。
でも、このハガキが届く時期が、住んでいる地域で違うみたいです。
集団検診の施設の空き状況にもよるのでしょう。



今年受けられる年齢なのにまだハガキが届いていない・・・
個別検診を受けるので、早めにハガキが欲しい~




と、いうあなた!
自分が住んでいる、区役所の保健センターに相談してみてください。
対象の年だったら、「検診のお知らせハガキ」を早めに送ってもらえます。


私の場合、毎回秋にハガキが送られてくるのですが、
夏に検診したかったのでその旨を伝えると、年齢を確認した上で
すぐハガキが送られてきました。


まずは、区の保健センターに問い合わせてみてください

乳がん マンモ検査を受けるなら~

昨日のブログで、乳がん検査はマンモグラフィ検査をおすすめ~と書きました。
広島県では、いくつかの施設で受けられます。

私は昨年、人間ドックで「健康倶楽部健診クリニック」で、マンモグラフィ検査を受けました。

私の友人がよく利用するのは、広島市中区千田町にある広島市総合健康センター。
健康科学館が入っているビルです。
ここでは、月~金の13:00~15:00までに受付を済ませるといつでも乳がん検診(マンモグラフィ検査、触診)を受けられます。

ただ、いま乳がんの検診で、広島市から補助がでるのは40才以上の広島市在住の女性。
しかも、2年に1回です。(検診のハガキがきますよね)

でも、乳がんは若い人でも発症する場合もあるし、毎年受けたい人もいると思います。
そういう人に対しても、広島市の補助は出ませんが受けられます。

広島市健康づくりセンター 精密健診科 082-243-2664 (直通)
ここで金額など詳しいことを教えてもらえますよ~

と、ここの健康管理・増進センターの女性の方が親切に教えてくださいました。


昨年受けたけど、やっぱり乳がんは日本人20人に1人・・・といわれているし、
今年もいってみようかな~と思っています。
ピンクリボン

広島市健康づくりセンター・健康管理
広島市中区千田町三丁目8番6号 082-243-2451

10月でございます

今月一つ歳を取ります(笑)ひゃほー♪
ということで、いい年をして、こんな楽しいテンプレートに変えてみました。

ハロウィンといえば・・・
やはり「チャーリーとチョコレート工場
子どもの頃のウィリー。
白いシーツをかぶって可愛かった♪


それと、
ピンクリボンキャンペーンもスタート!

乳がんの検査は、やっぱりマンモグラフィー検査をオススメします!


市からハガキがきて、集団検診じゃなくて個人病院で~と考えている人も
マンモグラフィー検査が受診できるところがいいですよ~
生理の周期で、やっぱり乳腺が張っている時は痛いので、避けてね。


貧乳でも、ちゃんと挟めるので、大丈夫(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。