Nakopon'sわーるど

広島のランチ情報、好きな映画、着物ビギーナーの和的な出会いなど日々感じたことなど楽しくご紹介します。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 今年も「野暮」が聞きたくて・・・TOP気になる物産展 ≫ 今年も「野暮」が聞きたくて・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

今年も「野暮」が聞きたくて・・・

毎年恒例のデパートの催事「江戸情緒老舗くらべ」が広島そごうで開催中です。(2/19・火まで)
「金太郎飴」の実演が大好きなあの友人も、舟和の芋ようかんの大ファンのあの方も・・・
きっと期間中に出かけることでしょう~  (もう行ったかも・・・)

さて、私が楽しみなのは・・・たぬき煎餅も舟和の芋ようかんも、モチロンなんだけど~
「日本橋浜町 高虎商店」のてぬぐい!

ここのお店の方がすっごく粋なんです。
昨年の催事で、ここの方にいろんな話を聞いてから大ファンに

昨年の干支柄(昨年は猪)で、大きな猪の図柄や、走り回っている猪の足跡の図柄の中に、
ひとつ役者絵があったので、「なぜあれが干支なんですか?」とそのわけを伺うと、
何でも歌舞伎の「仮名手本忠臣蔵に猪に間違えられて撃たれる役柄があるそうで・・・」
その人をてぬぐいにしたそうです。
そういうことを知らないと、図柄を解釈できない~マニさに感動。

また、私が「何も知らなくててぬぐいの端をかがっていました~」と言ったとき
「衛生面とか、いろいろ使える~とかありますが、まぁかがっちゃ~野暮ですね」
の一言に「きょぇ~カッチョエー」とクラッときたのであります

日本橋 高虎のてぬぐいに萌え


で、今年もクラリとしにお店を探すといらっしゃいました~~(≧▽≦)

900円からの手ぬぐいの中に3万円の商品をみつけ思わず質問!
染めの工程の違いを教えていただきました。
その、高価なそろばん模様のてぬぐいの反物には「日本橋」と書かれています。
お店が日本橋だからかな?と思っていたら、
日本橋は、商売発祥の地、だから算盤柄でなく日本橋というのだ~とのこと・・・

頭使っていないような柄は粋じゃないという姿勢にメロメロです。
少し高飛車な説明が、またいい感じ(笑) (私はMか?爆)

面白くって仕方がないんだけど、一度に覚えられない・・・
いろいろ聴きたいケド、商売のジャマよね・・・


今年も子年にちなんでねずみの可愛い柄の中に役者絵がありました。
歌舞伎の内容について教えてもらったのに・・・なんだっけ・・・?
気になるのでもう一度行こう~(笑)

興奮気味の頭を冷やすには甘いもの・・・ということで
舟和の芋ようかんを買って帰りました。
甘さがスッキリしていて、こちらも大好きです。

Comment

編集
忠臣蔵で、猪と間違えて撃たれるのは、
塩冶判官の家臣で、盗人におちぶれた、
斧定九郎のことですな!
私も受け売りですが、、
ねずみは何でしょねー?
とみー経由で、
お能の吉田先生に聞いてみましょうか?
2008年02月19日(Tue) 23:30
ピンポーン!
編集
>しょうこさん
そうです、斧定九郎です。忠臣蔵といわれたので昨年はすぐ分ったんです。
今年はね~えっとね~
忍者が指で「いん」を組むじゃない、その手の部分がアップになっているの、
ねずみ小僧・・・だっけ?(笑)
キャーキャー聞いている割に、右から左でごめんなさいv-356
2008年02月20日(Wed) 10:27












非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。