Nakopon'sわーるど

広島のランチ情報、好きな映画、着物ビギーナーの和的な出会いなど日々感じたことなど楽しくご紹介します。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 石内尋常高等小学校 花は散れどもTOP映画 ≫ 石内尋常高等小学校 花は散れども

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

石内尋常高等小学校 花は散れども

広島が舞台で広島フィルムコミッション協力~ということで観にいきました。
95歳の新藤兼人監督の自叙伝的な映画。

内容も、画像の構成も特に目立った趣向はないし
時々みせる笑いを誘おうとしている場面も、ちょっとこれは・・・
というところもありました(笑)

でもね、先生の退職を祝う会でクラスメートが集まって、
それぞれのいままでの話をするシーンがよかったです。

戦争を挟んで生きてきた人、
青年時代が戦争の真っ只中にいた世代の人たちにとって
学校行事やクラスメートや先生と過ごした日々は、本当に幸せで
振り返えるとかけがえのない時間だったんだろうな~と思いました。

それと広島弁は、やっぱり難しいなぁ~と・・・
そう思うと、先日NHKで放送された『帽子』の緒方 拳さんの広島弁は
本当に自然に聞こえたなぁ~改めて思いました。

まぁ、有名な監督さんですから出演者もすごいデス。
というかギャラがかかりそうな人がチョロッとでも出ています。
きっと、俳優さんにとってはギャラなんて関係なく
新藤監督に声をかけてもらった=光栄 ということでしょうね。

広島のメーカーや地名、撮影現場なども「あ、ここは・・・」
なんて観ながら楽しめました。(エンドロールはその確認作業です:笑)



最後に・・・やっぱり、大竹しのぶはスカン・・・。
目尻のシワに、よくないものがたまっている感じがする・・・。

映画 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。