Nakopon'sわーるど

広島のランチ情報、好きな映画、着物ビギーナーの和的な出会いなど日々感じたことなど楽しくご紹介します。
2007年05月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2007年06月
TOPスポンサー広告 ≫ 玉ひでの親子丼は初めてなのに初めてじゃなかったTOP気になる物産展 ≫ 玉ひでの親子丼は初めてなのに初めてじゃなかった

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

玉ひでの親子丼は初めてなのに初めてじゃなかった

三越 広島店「やっぱりお江戸展」もう終わっちゃって
いまさら出店したところの画像みてもね~ な感じですが。
載せます(笑)

玉ひで
知る人ぞ知る、老舗の親子丼のお店です。
昼の休憩時間では、ムリなので会社帰りにこっそり行ってきました。
(帰ってご飯作る身なのにね…)

玉ひで ミニ丼

こちらミニ丼。1100円です。黒い器はお漬物が入っています。
玉ひでの卵がでサインされた器!
普通サイズの親子丼は、黒い器でした。
じゃ~ん
玉ひで いただきます

玉子はとろとろ~~ん
軍鶏肉はキュッキュ
ご飯は硬めで、つゆだくではなく最後までご飯がべチャっとしません。
三越のテーブルの上にも、山椒とか唐辛子なんてもん一切なし!
潔さを感じます(笑)

味付けが、甘味の醤油の本当にシンプルなお味付。
出汁がどーこー とか。 薬味がどーこーなんて野暮ですぜ。
スッキリシンプル! と高虎の彼が言いそう(笑)

それが今は亡き父が昔作ってくれていた
「玉子ぐちゃぐちゃ」というメニューにすごく似ていて…
泣きそうになりました。

たしか、お砂糖としょうゆを生卵に混ぜてアルミの並べて
クルクルぐちゃぐちゃかき混ぜて半熟で火を止める~というものでした。

初めて食べた玉ひでの味は、なぜか心揺さぶられる
懐かしい味でした。

Comment

承認待ちコメント
編集
このコメントは管理者の承認待ちです
2014年07月28日(Mon) 17:08
承認待ちコメント
編集
このコメントは管理者の承認待ちです
2014年08月09日(Sat) 14:17
承認待ちコメント
編集
このコメントは管理者の承認待ちです
2014年08月29日(Fri) 19:53












非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。